シボガード 通販

シボガードで中性脂肪は予防できます。でも、中性脂肪が高いとどうなっちゃうんでしょう?

肥満

 

シボガードを飲むことで、ある程度の中性脂肪は予防できます。

 

でも、本当に中性脂肪は悪者なんでしょうか?

 

悪いイメージがある中性脂肪ですが、実は身体にとって必要不可欠な存在なんです。

 

中性脂肪は身体を動かすのに、とても重要なエネルギー源となっています。

 

ですが、暴飲暴食で必要以上にエネルギーを摂取したり、運動不足でエネルギーを消費しなかったりすると、
エネルギーとして使われるはずの中性脂肪が余り、どんどん蓄積される状態になってしまいます。

 

いわゆるこれが中性脂肪が高いという状態です。

 

その使われずに残った中性脂肪が、脂肪組織に蓄えられ、皮下脂肪や内臓脂肪となっていくんです。

中性脂肪が高いとどうなるかというと・・・

中性脂肪が高い状態だと、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増えると言われています。

 

血液がドロドロで、血管が詰まりやすくなり、血管が破れる危険性もあるんです。

 

ところが、『なんか中性脂肪が高くなったなぁ…』といったような自覚症状はありません。

 

暴飲暴食

それでは、どのように判断すればいいのでしょうか。

 

皮下脂肪=中性脂肪と言ってもいいほどなので、中性脂肪が高い症状として一番わかりやすいのが肥満になります。

 

ところが、その肥満の症状が出ている頃にはもう悪循環に陥っている可能性があります。

 

肥満→動かない→エネルギー使わない→中性脂肪増える→さらに太る

 

負のサイクルに入ると、血液はドロドロで、動脈硬化の危険性が出てきてしまっています。

 

動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる病気を引き起こす可能性があります。

 

中性脂肪が高いと言われても自覚症状もないため、軽視されがちですが、中性脂肪が高いというの事はデメリットしかありません。

 

健康でいるためには中性脂肪を適正に保つことがとっても重要なんですね。